• Instagram
  • Tiktok
  • Youtube
Doctor SNS
  • Instagram
  • Tiktok
Official SNS

目の下のたるみ取り(切開法)

美容外科

目の下の余分な皮膚のたるみと脂肪を切除することで、目の下のしわ、たるみ、クマなどの症状を改善させる手術方法です。
下まつげの1〜2mmほど下を切開し、気になる脂肪や余分な皮膚を取り除きます。
目袋が目立つ方や、たるみの原因が目の下の脂肪(眼窩脂肪)であれば、併せて切除します。
皮膚はまつげの際で縫合するので、約1週間後の抜糸の時までは糸がついている状態となりますが、髪の毛よりも細い糸を使用しますので、時間の経過とともにまつげに隠れて目立たなくなります。
腫れや内出血が出ますので完成までに1~3ヵ月ほどかかります。
目の下のたるみは20代後半から加齢とともに進行し、ひどくなると目袋ができてしまいます。
しわ・たるみが軽度であれば「切らない目の下のクマ取り・たるみ取り」で切らずに脂肪を取り除くだけでも改善させることができます。

このような方におすすめ

  • 目の下のしわ・たるみを取りたい方
  • 目袋が目立つ方 ヒアルロン酸注射や切らない目の下のクマ取り
  • たるみ取りを行ってもしわ・たるみが気になる方
  • 「黒クマ」と「茶クマ」の方

目の下はなぜたるむのか?

様々な原因がありますが、多くは加齢によるものです。
コラーゲンやヒアルロン酸などの肌のハリや弾力に関係する成分が減り、目の下の皮膚がたるんでしまいます。特に若いころから紫外線を多く浴びている方や、ストレス・喫煙者、お肌の乾燥のケアを行っていない場合にはそれがより顕著になります。
また、目を支える靭帯や目の周囲の筋肉や組織が緩んだり、目の下の脂肪が増えるなどして目袋も作られます。

目の下のたるみは男性の方が目立つ

男性は女性に比べて脂肪量が多いため、男性の方が目の下のたるみや目袋が目立ちます。近年ではお化粧をする男性も増えましたが、お化粧で隠さない男性はダイレクトに年齢が出やすい部位ともいえます。 治療によって見違えるほど若返るため、喜ばれることが多い施術です。
傷跡は自然に治りますので男性にも安心してお受けできます。

施術方法

下まつげが生えているラインから約1〜2mm下の皮膚を切開します。余分な皮膚を切除し、眼窩脂肪(目の下の脂肪)が原因で目の下のたるみができている方は脂肪も併せて切除します。極めて細い糸で縫合して完成です。手術は局所麻酔で行いますが、極細針を用いますので痛みの心配はほとんどありません。

施術の流れ

洗浄

施術前にメイクを落としていただきます。 パウダールームにメイク落としや洗顔フォームをご用意しております。

写真撮影

施術前に写真撮影を行います。写真はカルテに保存するために撮影いたします。 また、モニターの方はWEBサイトやSNSに掲載するための写真を同時に撮影いたします。

デザイン

お客様一人一人のお悩みに併せたデザインで、マーキングをしていきます。

消毒

手術室に移動し、看護師がお顔を丁寧に消毒していきます。

手術

麻酔を併用しながら手術を行います。 局所麻酔の際にチクッとする痛みが数秒ありますが、麻酔が効いてしまえば痛みは一切ありません。

施術について

治療時間60分~90分
リスク・副作用腫れ・内出血・左右差・傷跡・外反(アッカンベーの状態)・感染
注意事項・ダウンタイム(腫れ・内出血)のピークは1〜2週間程度。1ヶ月で腫れは大方改善します。
・傷跡 : 1ヶ月程度は赤みがあります。3ヶ月程度で白く、わかりにくくなります。
その他抜糸 : 1週間後に抜糸
洗顔・シャワー : 翌日から可能
メイク : 目元以外は当日から可能、目元は抜糸翌日から可能
コンタクトレンズ : 2日後から可能
  1. ホーム
  2. 施術を探す
  3. 目の下のたるみ取り(切開法)