• Instagram
  • Tiktok
  • Youtube
Doctor SNS
  • Instagram
  • Tiktok
Official SNS

小鼻縮小

美容外科

小鼻は鼻翼ともいい、鼻の側面の部分を指します。
小鼻が広がっていることをコンプレックスにされている方は少なくありません。また鼻の穴が大きく見えることをお悩みの方もいらっしゃいます。
マッサージで小さくすることはできませんし、小鼻メイクでごまかすにも限度があります。
「小鼻にはしたいけれど整形には抵抗がある」方は、切らずに糸で小鼻を小さくすることも可能です。

このような方におすすめ

  • 鼻の穴を小さくしたい方
  • 鼻の横幅を小さくしたい方
  • 確実な効果が見込める小鼻縮小がしたい方
  • 横に広がる鼻が気になって思い切り笑えない方

術式

理想的な目と鼻の距離バランス

解剖学的に明らかにされている、誰が見ても「美しい」を感じる顔のパーツのバランスがあります。
このバランスを考慮することで、理想のお顔をシミュレーションしやすくなります。
目の横幅と鼻(鼻翼の両端)の幅は同じなのが、よいバランスと言われています。

小鼻縮小(鼻翼縮小)の特徴と方法

鼻の整形はバランス感がとても大切です。小鼻の幅、鼻の穴の大きさと形、鼻尖の幅に対する鼻翼の幅、鼻柱との位置関係、左右差、皮膚の厚さ等から、どの術式が適応かを判断します。
小鼻の変化により、現状より鼻尖が丸く見えてしまうことがあります。その場合には他の鼻尖の施術と組み合わせていく必要性があります。
お客様のご希望に答えられるように『内側法』『外側法』『内側+外側法』『切らない鼻翼縮小』の4種類の術式を備えております。

内側法

鼻腔底外側から鼻翼の内側を切開し、皮膚や皮下組織を切除し縫合します。
鼻翼の外への張り出しがあまり強くなく、鼻翼の横幅が大きい方や鼻の穴の大きさが気になる方に適応となります。また、傷跡が鼻腔内にあるため傷が目立ちにくいのが特徴です。
しかし鼻翼の張り出し(鼻翼が付け根の部位から外側に広がっている)の改善効果は薄いです。

※縫合に使用する糸を、細く透明な糸に変更し、術後もバレにくくすることも可能です。

外側法

鼻翼の外側を切除し、鼻翼の張り出しを改善させます。
傷が外側に出るため、内側法に比べ傷がやや目立ちますが、鼻翼の窪みに合わせて切開するのでほとんど目立ちません。
また、鼻の穴の大きさは基本的に変化しないため、鼻翼幅や鼻の穴の大きさが気になる方は内側法を同時に行うことがあります。

※縫合に使用する糸を、細く透明な糸に変更し、術後もバレにくくすることも可能です。

内側法+外側法

内側外側を両方行うことによって、鼻翼の張り出しと鼻の穴の大きさ両方の改善ができるため、より理想的なお鼻の形に近づきやすくなります。
デメリットとしては外側法を行うので傷跡が目立ってしまう可能性もあります。

※縫合に使用する糸を、細く透明な糸に変更し、術後もバレにくくすることも可能です。

切らない小鼻縮小

鼻の印象を変えたいが、メスを使用することに抵抗がある方へおすすめの施術です。
糸で両小鼻を埋没によって縫い縮めることで小鼻を小さくし、丸みを軽減します。
傷口が針穴のみで目立ちにくいため、ダウンタイムはほとんどありません。また糸を抜去することで元に戻すことも可能です。
小鼻縮小の程度は少量~中程度のため張り出しが強い方、皮膚の厚みが大きい方は切開による方法をおすすめします。

治療時間45分~1時間
リスク・副作用腫れ・内出血・左右差・傷跡・感染
注意事項ダウンタイム(主に腫れ・内出血) : 1週間程度
その他抜糸 : 1週間後に抜糸
入浴・シャワー : 入浴は1週間後から可能 、シャワーは当日から可能
洗顔・メイク : 洗顔は当日から可能 、メイクは翌日から可能
  1. ホーム
  2. 施術を探す
  3. 小鼻縮小